VARIOUS
DIMENSIONS
RECRUIT

月へだって行けるこの時代に、
「不可能」なんて言いたくない。


多面的
熱量。

VARIOUS
DIMENSIONS
RECRUIT

月へだって行けるこの時代に、
「不可能」なんて言いたくない。


多面的
熱量。

VARIOUS
DIMENSIONS
RECRUIT

月へだって行けるこの時代に、
「不可能」なんて言いたくない。


多面的
熱量。

VARIOUS
DIMENSIONS
RECRUIT

月へだって行けるこの時代に、
「不可能」なんて言いたくない。


多面的
熱量。

HOME- RECRUIT

NEWS

  • 現在採用に関するお知らせはありません。

新卒採用

VIEW DETAIL

中途採用

VIEW DETAIL

社員紹介

「さすがに無理です。」
そう口から出そうになった時だってある。

M.K
2005年入社 プロモーションプロデュース1部

誰もが知っているアーティストのシークレットライブ当日。1000人もの観客。誘導に、物販、現場オペレーション。その他発生すること全てに対応。当時、会社はたったの10数人。経理も事務も全員駆り出された(今じゃ考えられない事だ)。

当時2年目かそこらだった僕は、必死だった。走る。走る。どこに向かっているのかも分からなくなるほど、走る。汗が目に入る。それを乱暴にぬぐう。足が止まる。その瞬間、1曲目のイントロが流れ始めた。観客の割れるような歓声が響く。みんな笑っていた。叫んでいた。そうか、ちゃんとまわっているんだ。

あれからもう18年。
「調べもしないで、無理って言うなよ。」
あの夏、あの日、先輩に言われた言葉は今も僕の心から離れない。

広告業界は華やか、
だろうか?

H.I
2014年入社 プロモーションプロデュース1部

僕にとっては、華やかな瞬間を作るまでの長い時間のほうが、広告業界らしいような気もする。
自分も大好きな飲み物の、周年キャンペーン。新しい商品を作って、全国で売る。華やかそうな案件だ。

オリジナルの味を創る。それを売るオリジナルの車も造る。デザイン、サイズ、設備。全ての法律をクリアする。地域ごとに違う保健所やお店との交渉も。そして、すべての現場に立会う。容赦なく迫りくる夏。ヘビーな夏だ。

僕は気付けば、日本を何周もして全国の店舗を巡っていた。
「2年目からは、中堅だから。」
先輩に言われた言葉を何度も思い出す。フードカーに積まれたカラフル商品パッケージは華やかで、これまでかけた苦労の影なんて微塵も感じられない。だけどきっと、だから良いんだ。広告は。
フードカーから次々と売れていくその商品は僕の、熱すぎた夏の象徴だった。

「先輩、怖い。」
それが私の会社に対する正直な印象だった。

M.I
2014年入社 管理部

声が少し大きいからか?意見がはっきりしているからか?ひょっとしたら、この業界独特の雰囲気に知らずのうちにおされていたのかもしれない。22歳の春。制作部に配属され、右も左もわからないまま現場に出ていた私はストレートな言葉を受け取るので精いっぱいだった。

そんな先輩たちへの印象が変わったのは、管理部に異動してからのこと。様々な部署の人を俯瞰してみる立場になって、文化祭前夜とも言える広告現場の毎日を勢いよく乗り切る先輩たちの気さくさ、熱意、そしてやさしさに気づくようになった。

今、この会社のイメージを聞かれたとしたら。
「高校のクラスメイトみたい」?
社長さえ、あだ名で呼ばれていることがあるのを見るとあながち間違っていない気もする。数年でこんなに会社のイメージが変わったことに一番驚いているのは、きっと私自身だ。

2年目で海外ロケ。
しかも行先は南国のビーチ。

W.N
2017年入社 クリエィティブプロデュース部

先輩のアシスタントとして招集されたのは僕も子供のころから飲んでいたとある飲み物の商品撮影だった。
撮影に必要な機材の管理や、商品をケアするための道具の準備。スムーズに撮影を進行するというミッションに集中する。海の記憶は、残念ながらほとんどない。

撮影開始。僕はただひたすらに商品のボトルに傘を差していた。日差しで商品が茹で上がったりなんかしたら、大事故になる。そう。商品こそタレントなのだ。
1時間、2時間、3時間。足がじりじりする。だけど南国ビーチのロケで日焼けなんて、ちょっと業界人っぽい。ちらりと足の方に目をやる。待てよ。これは太陽の日焼けじゃない。僕のふくらはぎは、なぜか照明機材のライトで日焼けしていた。

撮影は進む。動くことは許されない。足元に近付いては離れていくさざ波だけが、宝石のようにキラキラと輝いていた。

新卒採用

現在、新卒採用の募集は
行っておりません。

中途採用

ENTRY
ページトップヘ